トップ


 物事に対して、寡黙で誠実な探究人を
 覚えた。
 

2015年
4月3日


     指針だろうか。平和への希求か。




                   調布憲法広場合唱団



粘り強く歩く

少しずつ 少しずつ
 
 奥さまが、奥平さんがなくなられた時の時間を、
 静に話された。日常生活の普段の推移にある
 時間の中で、いつもののごとく生活者としてあっ
 けない終わりにあった様子を、失礼な言い方で
 すが、悲しみをユーモアでつつんで話された。
 志を受けつぐとのしづかな思いででもあった。
 

  
 昨夜、宮崎空港に、ほぼ24時前に着いた。
 すでに空港バスは終わっており、仕方なく
 タクシーで帰宅せざるを得なかった。
 宮崎地方が強風のため、飛行機が遅延した
 せいだ。おかげで午前一時過ぎの帰宅と
 なった。
       人の歩みをおぼえつつ
                 2015年4月3日