トップへ  ぼんち情報  ぼんち蛙通信12月号
日曜日

散歩 2006年12月10日(日)



アロエの王様かしらと思えます。



家庭の菜園畑に、にょっきりと日を浴びていました。
暖かい一日です。


枯れたせいたかあわ立ち草が川端を守っています。



水草が流れに従順です。川魚は明るい瀬には姿を見せません。
近くに生活排水の垂れる淀みがあるせいでしょうか。



唐カエデが、枝を切り詰められ、抽象的な
街路樹の趣きで、連なっていました。



ガザニアが咲き誇っています。
師走に入っても南国の暖かい陽射しが、のんびりとさせているのでしょう。



見事な花弁です。葉肉の豊かさも南の国ならではです。



葉を落とした木の枝に大きな蜘蛛が糸を思いっきり張っていました。
お隣の鹿児島加治木町の蜘蛛合戦に出る種類かなと思いましたが、
黄金振りがあまり目立ちません。連中の世界では、天の声は遠い世間話のようです。

 トップへ  ぼんち情報  ぼんち蛙通信12月号