トップへ  ぼんち情報  ぼんち蛙通信10月号
音色

2006年10月23日(月)

幼女は
あったかい食べ物をくださいと
ふるえた声に佇んでいたそうだ



若い人が走り抜ける はしる時なのだ



赤松が肌を露に風に装っていた



何人目だろう 課題の走りだろう 
課題通りに走ったことなどあっただろうか 
確かにあった ただいつも自分の姿はなかったような気がする



枯れ葉がか細い糸にからまってゆれていた



ときおり吹き抜ける風に乗ろうとするが 葉は落ちはしない 



あとすこしで土へ帰れるのに 糸は切れそうにもなかった



乾いた黄昏が終えた季節を悼む

 児童虐待の報が伝えられていた。幼女のひもじい顔が目にまざまざと浮かんで離れない。幼子の泪ほど人を悲しませるものはない。だれにもあった時のはずなのに。
 
  落葉

   
   秋の日のビオロンの ためいきの身にしみて
   ひたぶるにうら悲し。


   鐘のおとに胸ふたぎ 
   色かへて涙ぐむ過ぎし日のおもいでや。


   げにわれはうらぶれて
   こゝかしこさだめなくとび散らふ落葉かな。

       
          ヴェルネーヌ(上田敏全訳詩集 岩波文庫)


 トップへ  ぼんち情報  ぼんち蛙通信10月号