トップへ  ぼんち情報 ぼんち蛙通信5月号

黄砂日和

 遠くにあれば煙り 近くにあれば視界あり 
されど人心 いずこも煙るなり

2007年5月28日(月)

たばこ生産農家の一休み

花芽摘む作業のひととき しばし休みとる



あと少しばかり 葉を大きくなさんと



 キャタピラーが 普通水稲の準備終えるなり



畔の雑草払い 水田作業の肝心なり 



サギ好む時節到来とあいなる



馬鈴薯が 春の終わりを告げなん



1反ばかし畑は 収穫作業なり



吾がジャガイモと惜別の日となりぬ



種類はしらず いびつなれば農1に程遠く
されど取り入れの遅れに由なきか

今晩はご馳走だわ・・・

ほんに生姜に似たれども 姿にあらず中身なれ
「きょうはご馳走だわ」と目を輝かし少女あり・・



こども育みし地下茎 黙して語らず
みを地に委ねるのみ



紫蘇色ずきて 夏の先駆けとなるららん



ちいさな畑なればこそ ところせましといのち茂る



赤しそが 涼しさはこぶ 香りかな 

赤紫蘇は香りもて 涼呼ぶさがなり

赤しそが 涼しさはこぶ 香りつけ ビッキョ



水路に アメンボあり



ひと 流れをして にわか畑 田んぼにかえす



蟹 水底にゆらゆらと佇む

けむる街角にあっては みずからをただすことままならず されど よわきひとなればこそ真に生きんかな

けむる街角にありて みずからをただすことままならず

されど よわきひとなればこそ真に生きんかな

 トップへ ページトップ  ぼんち情報 ぼんち蛙通信5月号