トップへ  ぼんち情報 ぼんち蛙通信7月号

 夏

2007年7月1日(日)
梅雨明けかしらんと思える文月のはしりです。

つゆの後先
百日草

畑に美女あり。



灌漑用ため池はいつもの水位にある。



カンナは、バテ気味の様子。




ヒマワリはわが意を得たりと、
一時の晴れ間に、得意満面となる。




情熱 輝き 敬老(愛)



役目を果たしただけですわ














土に感謝



おさなき子供は いまも 飛んだままだ



 流れがまばゆい 



水路は分け隔てせずどこへでも流れを導く



水張りし田んぼあれば 
除草のためならん干し田あり



万葉花


涼感あれど涼なかりし つくりの哀しさなれ



籐の回廊



天井は実をつけた莢が垂れ下がる



藤の莢 右巻きめでる 左巻き  ビッキョ



人参木 



ひょろ長き花序なり ランの花弁に似たり

夏の花 青に染め抜く 涼味つけ ドンコ

 トップへ  ぼんち情報 ぼんち蛙通信7月号