トップへ ぼんち情報 ぼんち蛙通信0909 持続 090602 つゆの・・090613 梅雨明け090713 19回歌う会090809



佐土原のうた <みやざき九条の会>

2009年9月5日(土)

                                 2009年9月6日(日)発信




台地の階段踊り場に、円柱が建っていた。



浦島太郎と思いきや、まわりは桜木だ。
喜びの合奏ならん。
ハイカラな佐土原藩島津だったのかしらん。




日向灘が秋の陽にかすんでいた。

身體は一枚の眼となりぬ、青くかがやける海、ひらたき太陽
                                        若山牧水
          



宮崎センター合唱団の珊瑚の歌のもてなしだ。 ピース九条の歌もあった。その作詞作曲者の方が
東京世田谷から駈け付けて見えていた。 最後に ふるさと
 があった。



みやざき九条の会 世話人代表藤原宏さんの挨拶




講師の小森陽一さん
日常の中で、九条を活かし、生かす努力の大事さを
念頭に講演された。



過去の歴史と現在の状況の相似、牽連を分かりやすく
的確な言葉でしめされた。九条と国際連合憲章の兼ね合い、
九条の呪縛を解くための連合憲章条文の都合のよい解釈等々、
政治の裏側とその現実的危うさを、いままでのまつりの出来事
と絡めて話された。



講演の後、質問の場があった。
先生の話は予想以上に分かりやすかったと感服された方が、
それではと、軍需産学官協同の関連等について、
詳しく質問され「答えは簡単にお願いします・・」との
問いかけには、さすがに瞬間、会場は爆笑にありました。
もちろん当のご本人も承知であった。そう思う。

自由空間


総合文化ホール玄関前の記念碑だ。
一体どういう意味、或いは、どういう象形が彫られている
のだろうと、ゆっくりニ、三度まわりをまわってみたが
さっぱりわからなかった。何人かの人へ尋ねてみたが
ご存知のかたはいなかった。

追:さっき、閃いたのですが、佐土原云々、
と彫られているのかもしれません・・・
会場名です。



講演前に会った小森陽一さんです。おや似ている人だと
思って、先生ですかと問いかけますと、サングラスを
はずされてそうですとのこと。
お願いしますといって撮りました。




日当たりのよいところでもう一枚と
あつかましく云いましたら、どうぞと言ってくださった。
お疲れ様でした。



トップへ ぼんち情報 ぼんち蛙通信0909 持続 090602 つゆの・・090613 梅雨明け090713 19回歌う会090809