トップへ  盆地情報  ぼんち蛙05年5月号

雨の球場。2005年5月22日(日)

2005年5月22日(日)雨 市営競技場界隈


市営陸上競技場
陸上競技場
陸上競技場。雨に煙るトラックには誰もいませんでした。

競走場 人は走らぬ けむり雨 びっきょ
陸上競技場
例年、だいぶ前から、トラックではお洒落マラソンが行われています。各種マラソン愛好団体が、それぞれの趣向を凝らした仮装をして、42.195kmを、リレーしてタイムを競います。蛙も昔、あるマスタッシュというジャズピアノスナックの仲間として、800mを受け持って走ったことがあります。
都城市営球場
雨の球場
都城市営球場です。グラウンドの広さは普通以上の大きさですが、スタンド等はローカルスタイルです。球場は昭和35年ごろに完成しました。
球場の第一号ホームランは、蛙であります。もっとも、完成まじかの球場で、同窓・級友と一緒に遊んだ時のランニングホームランが、
その記念すべき自称第一号です。
当時硬式野球部のレギュラー外野手であった、同窓の股間を抜けてボールが転がっていったのを、いまでも覚えています。
人気の消えた球場
雨降りの淋しい球場です。
冷たい雨だわ・・・
応援の親達は、雨の上がるのを待っています。
グランドを守ります
なかなか上がらない小ぬか雨のため、大人達がグラウンドへシートを被います。
燃えろドラゴン・・・
せっかくベスト4へ進出したのに、この雨じゃね・・・・・
市営室内体育館
市営室内体育館
室内体育館では、バドミントンの指導講習が行われていました。
都城泉ケ丘高等学校
泉ケ丘高等学校
蛙の学び舎です。校舎の形は、昔とあまり変わりませんが、色合いが現代的になっているみたいです。蛙のいた頃は、煤けた灰色でした。
都城中学から新制高等学校となり、名も泉ケ丘高等学校と変わり、確か新制となって十三回生が蛙達であったと思います。蛙が卒業した
一、二年後に、校区編成等があり、都城西高等学校や、都城商業高校等と分かれて行きました。そして今、新たな教育指針が模索されて
います。決して他人を蔑ろにする指針であってはならないでしょう。教えは、たった今生きていることの真実を教えることにしかありません。
硬式野球部
野球部の練習が終わったところでした。
何事も終わりが大事です。
何事も終わりが肝心です。一緒に掃除するのも僅か三年です。
ラガー
ラガーメンが、煙る雨の中でキックの練習に励んでいました。グラウンドへいって驚いたのですが、昔の面影はありませんでした。
かっては広々としたトラックのあるグランドでした。ずい分と小さくなったものです。
今年はベスト4突破だ・・・
先生に聞いたところ、昨年は宮崎県のベスト4であったそうです。蛙のころは高鍋高校が一番強かったですが、いまでは、
延岡地区や、都城地区等と力は拮抗しています。泉ケ丘が花園へ登場するのを願っています。それにしても体格のいい生徒達でした。
バレー部
泉のバレー部員達が、大会へ向けて秘策を練っていました。
バスケット部
バスケット部員のミーテイングです。先ずは全日本クラスの小林高校打倒が目標です。
 トップへ  ページトップ  盆地情報  ぼんち蛙05−5月号