トップへ  ぼんち情報  ぼんち蛙通信05−8月号
はつゆき草と牧草

はつゆき草が盆地に爽やかな姿をみせています。
畑地には、飼料とうもろこしがすくすくと伸び、刈り取りをまっていました。
2005年8月5日(金) 山之口にて。


はつゆき草
はつゆき草

はつゆき草です。夏の庭にあちこちと葉を見せます。


一年草

はつゆき草は、夏から秋の草花ですが、雪の名がつく
綺麗な植物です。ポーチュラカと寄り添います。


ユーフォルビア

初雪草はユーフォルビア属のトウダイグサ科です。メランポジュームを従えます。
白い覆輪の葉が綺麗です。一年草ですが、霜の降り始めるころまで清楚な色を見せてくれます。
特別な手入れをしなくても、種が自然に落ちこぼれて、翌年にはまた見事な葉を、茎にひろげます。


とうもろこし
デントコーン

飼料用とうもろこしが、充分に稔り、刈り取りを待っています。

稔り豊かな飼料とうもろこし

今年のデントコーンは、所によっては湿潤過ぎて充分な登熟に至らなかった場面もありました。
盆地周辺の春蒔き牧草のサイレージ仕込みは、7月初め頃から始まり、いまは峠を越して、
肥育の糧として役目を担います。


 トップへ  ぼんち情報  ぼんち蛙通信05−8月号