トップへ  ぼんち情報  ぼんち蛙通信05−8月号
葉月

台風9号のさきがけが、時折盆地を走り抜けました。
季節は、秋の気配さえ感じられる日和です。2005年8月4日(木)


影

建物と街路灯の影が秋のきざしを教えています。

風が街を吹き抜けます・・

午後三時過ぎの裏通り界隈です。静かな昼下がりとなりました。
夏晴れの一日ですが、台風9号の先触れが心地よい風となって吹いていました。

鯉

年見川に棲みついた鯉の一族が、
流れの淀んだところで遊んでいます。

はぎはら橋の欄干から見下ろしています。
周回

鯉の一群はせまい範囲を回遊するだけに見えます。
単なる餌の探しでもないみたいでした。

鯉の滝のぼり・・・

どうも、鯉達は、下水が流れ落ちるところに集まっているようです。
下水の泡に、祖先の滝登りの記憶をおぼえるのかな、と思ったのですが、
おそらく流れ落ちる人間どもの生活残滓を漁っているのでしょう・・・


年見川

はぎはら橋側から見た10号線の前田橋です。
鯉一族はこのあたりを縄張りとしてその栄華を誇っています。


ミニ空間

遅ればせながら、出来上がったミニ公園です。
人のいない風景でもあります。




ベンチは誰をまっているのか知らん。
夏の秋風にひとはまだ興趣を覚えないようです。
案内

君 どこへ行くの・・・あての無い道だって。
高千穂之峰

高千穂之峰は、夏帽子を被っていました。

国道10号線

10号線のくぼみに街並が静かに沿っています。
人っ子一人いない街を見たことがありますか・・・

盆地山麓

盆地山麓が水気を含んだ雲に睨みを利かします。
霧島連山と相対する金御岳、鰐塚山連合団です。

都城盆地祭り

踊って魅せろ!飾って魅せろ!
盆地の夏の翔舞師たちよ・・と、旗にあります。
飛翔した後が本当の勝負です。地に足をつけて・・



32回目の盆地祭りが、8月6日(土)にあります。
台風の進路が気になるところです。

あなたが主役
バス停

パリの一角です。そんな夏の余裕があればこそ・・・
スロースローでやめればいいのですが
クイッククイックと奏でるから ああこりゃこりゃと 庶民の嘆きは尽きせぬなり・・・


道路は出来たけど・・・

同じく日南方面の山麓が町を守ります。ここの信号の待機時間は田舎で一番です。
皮肉屋は、某ショッピングセンターご用達通りと断じていました・・・

夏が帰っていくよ・・・

ついぞ入道雲にはお目にかかったことはなかった、といえるようなこの夏の様子です。
西の方角に現れた雲も、いつもより元気なく感じます。雲のほうが人よりも
季節の移ろいを敏感に感じるせいかも知れません。

 トップへ  ページトップ  ぼんち情報  ぼんち蛙通信05−8月号