二階のカラーズのお店
真夏の夢
 トップへ  ぼんち情報  ぼんち蛙通信05−8月号
真夏の夢

薄暮から音の響きが始まりました。広場のお店や、近くの有志主催による有料ジャズ&ボサです。
昼間の選挙スピーカーの喧騒に変わっての音の流れです。音は心地よい宵風を届けてくれました。
2005年8月30日(火)。


宵闇を震わすジャズ&ボサです。

ビートの利いたジャズが始まりました。今風の演奏でしたが、ジャズの懐の深さが
心地よい音に変えていました。何でも演奏者の曲が、近く大手レコード会社から
販売されると、司会者がアナウンスしていました。

今風のジャズの音です。

有料とのことでしたが、カラーズ店長(司会者)の好意で、しばし、ジャズとボサを楽しみました。

皆さんちょっと止めます。雨じゃしょうがねいです。

せっかくの演奏途中に、俄か雨がパラパラと落ちてきました。
雨は降ったり止んだりの中粒の雨足でしたが、演奏会を止めるほどの
降りでなく、最後まで人々の身体を小気味良く震わせていました。

 トップへ  ぼんち情報  ぼんち蛙通信05−8月号