トップへ ぼんち情報 ぼんち蛙通信05−4 関之尾滝2003年8月25日(月)へ
関之尾滝&母智丘

2005年3月31日(木)。関之尾の滝(せきのおの滝)と、母智丘(もちお)に遊びました。
関之尾滝
関之尾滝2005/03/31
今日の関之尾の滝は、豪快に霧島水流を落としていました。
山麓水源から放たれた水は勢いよく、とどまる気配も見せずに、
後から後から落としめがけて、急いで流れ落ちていました。
案内
甌穴案内
花水木 
  
  花みずきが、残り少ない花を見せています。
 熊本から、婦人の有志が、観光に見えていまし
 た。まだ、訪れる人は少ないようです。
 だんだんと、温かくなるにつけ、人々の足が、
 上向いていくことでしょう。
 

  霧島連山から、関之尾の滝へかけては、当地の
 観光ルートの一つでもあります。
 熊襲、隼人の見果てぬ夢の跡です・・・

 夏草や 兵共が ゆめの跡 芭蕉
 
水量の多い関之尾滝
観光写真等で、よく扱われる定番の構図です。
水量の豊かさに驚かされます。
瀑布
言葉通りの瀑布です。けれんみ無く、ただ落下します。
怒涛の如く
怒涛の落としです。
尽き果てることもなく
水しぶきが飛んで舞います。
どこまでも
これでもか、これでもか、といった様子で壺を深めて行きます。
みはてぬ夢を見る君や・・・
ああ、お雪は、あそこからおそらく・・・
コバルトに水が弾ける・・・
滝壺は、綺麗なコバルト色に染まっていました。
壺の深さを教えてくれます。
お雪が身を投げ入れた・・その色がいまも・・・
滝壺から流れ出る豊富な水は、下流の潅水等へ姿を変えていきます。
どこまでもコバルトに・・・
はじけた水さえ、コバルト色に装っていました。
吊り橋
吊り橋です。約7、80m(蛙感覚)くらいの長さです。
木洩れ日を浴びて行く吾の行く末は如何・・
山林に遊びて、吾が残り少なき、行く末を案ずるなど、愚かなり。
奈落へ・・・
奈落の底は、どれほど楽なことであろうか・・・
行く川の流れは絶えずして・・・
月日は百代の過客にして、行かふ年も・・・
流れ流れて来た吾も、また旅人なり。
甌穴の背だけがみえます
甌穴を後ろから見た構図です。先が、奈落です。
そめい吉野が独りでいた・・・
そめい吉野が独りで咲いていました。関之尾の桜は、意外と早く咲いたみたいでした。
もう、花は散る寸前でした。ほんの隣の母智丘の桜がまだ二、三分咲きでしたので、意外な
ことでした。桜そのものは、少なく、目にしたそめい吉野桜は、この木一本だけでした。
そめい吉野と、山桜花ばかりかな・・・
 
 そめい吉野と、山桜が一緒に佇んでいました。
上の画像の部分は、左でカッコしたところです。
 別に桜などと、時節に応じることもないのですが、
ここでは、まさしく草木同じにあって、水と花、樹木が
一緒に命を歌っていました。
バンガロー

 バンガローです。
滝の上流には、キャンプ場があり、夏休み等、子供達で賑わいます。


 ほほ赤め
  おさなごめぐり
    争い日
         
びっきょ
母智丘
二分咲きかなとは さびしきかな・・・
  とにかく、びっくりしました。
 開花宣言が、当地は、一番でしたので、秘かに
 期待していたのですが、桜は、まだ二、三分咲き
 でした。なにも当たることは無いのですが。臨時
 駐車料が、三百円でしので、つれなき花に、少し
 ムッとした次第でした。蛙が、ぶつぶつ独り言を、
 言ってましたら、夫婦連れの方が、小林、野尻あた
 りでも、花の咲き方が例年より遅いと、話をして下
 さいました。


 
さびしきかな人生は・・・
さびしい広場です。演芸舞台など、すっかり電気音響等、準備万端にありましたが、
この桜模様に、係りの人達も、手持ちぶたさに、どうしょうもない格好でした。
こち吹かば においおこせよ 桜花かな・・ほほ・・
少しの花を愛でんと、近寄ってみました。淡い色柄は自国の人柄のようです。
桜は、温度がくれば、あっと言う間に咲きますので、きょうが三分咲きと侮って
いたら、満開となっていた、ということになるやかも知れません。
うぐいすや なけどこたえぬ 桜花
 
 うぐいすや 啼けどものかは 桜花 
                      
びっきょ 

 実にちいさなウグイスでした。ひっきりなしに啼いていました。
 いろ花の少なきことは、彼らの恋にも、影響するのかもしれま
 せん。
うのづきや さくら黙りし 母智丘かな
出店だけは、いつもの通り決まった場所に、大体決まった人達が出店していました。
にいさん、ねえさん達もどうしょうもないと、いった風情です。瘋癲の寅さんなら、
こんな日和は、一杯飲んだほうがましでえい、てなことに決め込むことでしょう。

うのづきや さくら黙りし 母智丘かな  
びっきょ

トップへ ページトップへ ぼんち情報 ぼんち蛙通信05−4 関之尾滝2003年8月25日(月)へ