トップへ   ぼんち情報   ぼんち蛙通信5−1月号  2004年祝吉御所と早水神社

都城島津家史料寄贈記念講演会。

2005年1月8日(土)於:ウエルネス交流プラザ  


島津久厚氏と原口 泉氏
 都城島津家の当主、島津久厚氏から、都城市へ、島津家所蔵の史料群が寄贈されたのを記念して、講演会がありました。
約一万点余りの史料とのことで、新しい歴史的発見史料等が見つかるかも知れません。
これから約五年くらいかけてその史料目録が整理され、一般にも公開される予定です。
そのうち何点かの史料等が、都城歴史資料館で特別に公開されています。    開催期間:平成17年1月8日(土)〜1月23日(日)。
 きょうは、その史料寄贈記念の講演会がありました。
左の方が、島津久厚氏です。講師は鹿児島大学法文学部教授の原口 泉氏です(右の方)。

島津久厚氏

 「島津家の史料は、都城にあってこそ価値がある」(都城歴史資料館資料より)との
   強い意向で、寄贈されたとのことでした。都城島津家の二十八代当主である島津久厚氏の話には、島津の荘(都城地域の古称の一つ)への愛着がにじみ出ていました。

 
原口 泉氏
  
       講師の原口 泉氏です。親子二代にわたる、歴史学者です。
特に島津氏を中心にしたその学識は、当地でも知らぬ人はないくらいです。
話しぶりを楽しみにして、拝聴したのですが、実に楽しく、示唆にとんだ内容でした。
町づくりから、これからの地域発展のヒント等が面白おかしく話されます
      いまよくマスコミ等で話されています、グローバリズムとローカル主義の進展などを
        絡ませての内容でもありました。
父上と瓜二つの姿は、その話振りにも表れておりました。

都城歴史資料館正門
   
 都城歴史資料館の正門です。

裏から見た正門

    裏から見た正門です。平成元年にできました。

都城市の由来
       
       
歴史資料館は、都之城址にあります。現在の都城の地名のもととなったお城です。

歴史資料館本丸  歴史資料館の本丸です。当市に関わる資料、史料等が
展示されています。
正月、都城島津家史料寄贈記念の特別展が、開催され
ました(1月8日から1月23日の間)。
従来からの史料はいまも展示されているはずです。
万が一展示の無かった時は、糞垂れといってください。

あなかしこ。
場所:
〒885−0083都城市都島町803番地(城山公園内)
開館時間:AM9:30〜PM5:00(入館はPM4:30まで)
休館日:毎週月曜日(祝日、振替休日の時は、翌日休館   
 その他12月31〜1月2日は休日です。
入館料:大人   210円(団体150円)
     高校生  150円(大体100円)
     小中学生 100円(団体 50円)
*毎週土曜日は小中学生無料です。
*身体障害者の方は無料です。
*団体料金は20名以上です。 

島津鶴千代

島津光久の娘の鶴千代像です。
都城島津家忠長の養女となった。
 肖像は、狩野派の様式にあると
説明にあります(資料館資料)。


島津久倫

 宣長にはござらんですぞ。ニ十二代当主の、
     島津久倫(ひさとも)像です。
   「庄内地理志」の編纂事業を始めた人と
いわれます。庄内の名は、
昔の都城地域の古称の一つです(資料館資料)。

島津久倫の室。

図は、久倫の室。
宮之城(鹿児島県)領主島津図書久亮の娘。

(資料館資料)
島津久倫の後室。

久倫の後室。
北郷久冨の娘。清香院。
(資料館資料)

足利尊氏御判御教書。

足利尊氏御判御教書(あしかがたかうじごはんのみぎょうしょ)
とは、室町幕府将軍が花押を押して発給した文書。
肝付兼重の誅伐を命じた時のもの(資料館資料)。 


足利直義(ただよし)感謝状。

足利直義(ただよし。尊氏の弟)の、戦功認定感謝状。
(資料館資料)

麒麟・鳳凰図屏風

麒麟・鳳凰図屏風。江戸後期の作。狩野派の影響が見られると説明にある。(資料館資料)

紺糸威鳩胸皮胴具足





紺糸威鳩胸皮胴具足












二十三代島津久統(ひさのり)の所用の甲冑です。胴は一枚鉄で、前後二枚より構成されている。西欧甲冑の形式を踏襲していて、胸部が鳩の胸のように膨らんでいる。(資料館資料)
馬の鞍

金梨地貝尽文蒔絵鞍。
    
馬の鞍です。万治元年(1660)極月(12月)の日に成った
と、製作年銘と作者の花押がある。作者不明。(資料館資料)


鐙(あぶみ)

黒漆三猿文蒔絵鐙(あぶみ)。
「見ざる、聞かざる、言わざる」の三猿を表したあぶみです。
(資料館資料)



島津家本家領内麁図

島津家本家領内麁図(そず)。薩摩、大隈、日向の国ごとに色分けされています。種子屋久以下諸島の絵図もあった
 そうですが現在は欠損しているとのこと。大崎、志布志、松山が、昔は日向であったそうだ。原口講師の祖先は大崎
 の方だそうだ。奥さんは琉球出身とのこと。図ではみにくいですが、桜島はまだいわゆる島です。

                                          (図 : 資料館資料)


    伝北郷時久筆諸寺家定法。時久の真筆と伝えられているそうです。
領内の寺院に出された法令です(戦国時代)。 当時では(も)当たり前のことが、
なかなか面白くしたためられています。昔の寺の坊主にもやんちゃがいたようです。

(資料館資料)

庄内地理志

寛政10年〜文政期(1798〜1830)に都城島津家の記録方によて作られた都城領域の地誌です。
112巻と拾遺の全113巻からなるそうです。現存するのは103巻。記録方役人の荒川儀方が中心となって
 編纂したとのこと。寛政10年に領主島津久倫(ひさとも)が、「庄内旧伝編集方」を設置し、都城の歴史・風土
   ・地理・史跡や古文書・古記録の調査を記録奉行北郷良之進に命じたことから、「庄内地理志」の編纂は始まった
  そうです。都城の風土・地名の由来だけでなく、当時伝来した古文書・古記録をはじめ、石造物や棟札の記録、
   当時の絵図やスケッチまでも納めらており、当地域の歴史を知る上で欠かすことのできない基本史料です。
東京大学史料編纂所にも明治期の写本が収集され、保存されており、全国でも注目される貴重な史料です。
現在、地理志は、都城市編纂事業で、「都城市史 史料編 近世」(全五巻)として全文翻刻・刊行されています。

(このページの史料画像・説明は、都城歴史資料館の資料によります。)

*余談ですが、歴史資料館の隣には狭野神社があります。 祭神は、神武天皇です。
神武天皇は高原が生まれ故郷と伝えられていますが、東征の折、今の歴史資料館がある
城山に館を構えてから出立ちしたとの云われがありますので、狭野神社の分祀があるのでしようか・・。
記紀的社と歴史資料館の隣り合わせも、妙な感じのすることであります。
霧島山の霧は雲海の妙であってもらいたいものです。


  トップへ  ページトップ  ぼんち情報   ぼんち蛙通信5−1月号   2004年祝吉御所と早水神社