雪
   トップへ  盆地情報

   ぼんち蛙通信05−2月号 ギャラリー
わあー!雪だるまがやってきたー!  2005年2月1日(火)
遠いところの主よ・・・雪の精よ・・・
白い精が降りてきました。いろいろな言葉で呼びかけています・・・
トミヤ&あぶあぶ
 広場にも雪が訪れました。子供が帰ってきました。
オーグランド、ノグスポ、ウサギの森
 人気のしない隙を見はからって、君はおりてきた・・・
どうして君は、つめたいの・・・ 
 明け方から雪の呼び声が
 ありました。
 
 こな雪がパラパラ
 あわ雪がポタポタ
 いたずら雪がほほに 
 あつ きみつめたい

 おろしが笑ってらあ
 おい さむがり坊主
 あっためてやるぞ
 どうだい ビュー

 わーつ ありがとう
トミヤ
 トミヤは商売だい・・おい、少しあったかい雪をおくれ・・
レストラン <うさぎの森>
  うさぎは、雪の日は森で遊んでいるのさ・・・
  きみは いまでは 天国の主になったのかい・・
雪の10号線 
10号線も雪にけぶっています。


雪の気まぐれめ
子供引きつれ
あてのない
ときへ
さそって
いきやがる
トミヤ&ノグスポ  

 おおさむ
 こさむ
 どこへや
 いこか


 おおさむ
 こさむ
 ゆきの
 おうちへ
 いこか

高城四家下。 
  
  宮崎に用がありました。高城町の四家峠を降りて、すこし
 先のところでのスナップです。
 帰りの四家附近は、雪もだいぶ溶けていました。
 それでも、幻想的な姿をここかしこ見せてくれました。

 


  もっとふれ もっとふれ 
  もっとふれ もっとふれ
  
  さようなら  きみ
高城町。四家の峠を少しくだって、都城、鹿児島方面を向いた位置です。 

 南の国の大きな子供が
 雪の名残りを
 大事にみていました。




  はるかなり
  雪をてにした
  子供らめ
堰と雪 
 

  同じ場所の画像です。
 堰の、にぶい淀んだ色と、雪の足跡が
 気に入りました。



  
  かなしさや
  いろにつかりて 
  われうたい
残雪の田んぼ 
 田んぼには、申し訳程度に
 残雪が陽を浴びていました。
森の精たちの声が聞こえる・・しーっつ・・・ 

  南の雪は、終わりのようです。
 
  きみ去りて
  なんのことなし
  夢の雪
  
 トップへ  ページトップ  盆地情報  ぼんち蛙通信05−2月号  ギャラリー

Copyright(c)[ ぼんち蛙 ]All right reserved.