スズメの一族
    ↓
 トップ  ぼんち情報  ぼんち蛙通信05−6月号
紅葉とトンボ
紅葉とトンボが季節に早やがけしています。2005年6月下旬。
紅葉
農家の武家風壁
ふるい武家屋敷の面影に、壁がありました。
ペチュニア
 平安末期から鎌倉を連想させる家壁です。
 壁には、支柱ごとに飾り木鉢がありました。
 それぞれの木鉢には、ペチュニアを始めとして、
 撫子等の花々が植えてあります。
 場所にいるだけで、人の感性を覚えます。


  
  古壁や 花咲き匂う 昔あり  ビッキョ

隠れ屋敷
どこまでも鄙びた懐かしき風景でした。

紅葉
すでに紅葉が始まっています。夏を一足飛びです。

季節はすでに秋にあります。
青葉が盛りの中に、紅葉が季節の終わりを予感しています。

わびしさや 日ももどかしく 紅葉かな  ビッキョ

田んぼは、これから夏を追います。
まだ、水不足のため田植えの出来ない農家があります。ここでは、どうにか水田にあります。

水無月や 苗は乾きそ 降れや降れ  ビッキョ   

ひまわりと蝶
ひまわり&蝶
ひまわりに蝶が舞います。
君はもう咲いたのかい・・・
君は、もう咲いたのかい。そんなに早く帰ってなにする気だい。そうかい、まだ秋まで居座るのかい。

移り気な蝶
俺だって好き嫌いぐらいあるさ・・へへ悪気があってじゃねいやい なあ・・・

仲良くしようぜ・・・
あれつ 俺の縄張りに・・・ 相棒 仲良くと行こうじゃねいか ・・・

わあ おいしい蜜だ〜
わあ おししい蜜だ だから君達が好きさ・・・

俺の目はどうだい
ルドべキアの蜜を吸う蝶
あたしの目がわかるかしら・・複眼の単眼って知っている・・
あたしのゼンマイ吸い口が、どこ辺りを狙っているかお分かり・・
けっして真ん中なんかじやないわよ・・・


日溜りや 蜜を匂いて いのち継ぐ  ビッキョ

アゲハチョウ
アゲハチョウがいました。すばしこい飛翔です。


スズメの一族が屋根を占めています。画像では見にくいですが、
矢印の下に多くのスズメが集団をなしていました。


トマトの栽培
トマトの雨よけ栽培です。

トマトが色づき始めています。
トマトの茎には、すでに多くの果実が生り始めていました。

完熟トマトへの道程
トマトの種類は知りません。いまでは普通の流行となった完熟トマトには違いありません。
家庭菜園が普通にあれば、すこしは潤いが世間にゆき渡るのかも知れません。

トンボ
トンボの初夏
トンボが梅雨の晴れ間に飛び交います。
季節を待ちきれないのでしょうか。


陽や盗み 餌食狙うや 赤トンボ  ビッキョ

サクラランの蕾
サクラランが、二つめの蕾をつけました。

枝垂れ蕾
蕾はあくまでも下向きです。
謙虚なのかどうか知りませんが、
おそらくシャイな蔓花のようです。


開花まであと少しです。
ランを、しばし逆さにして撮りました。
ワインレッドの花梗です。


黒法師の芽ぶき
先日、葉を長雨に打たせて、病気になった黒法師に、
葉芽が吹きました。粘り強い植物です。前回、切り取って
陸屋根に放置していました病葉さえも生きていました。
これには驚きでした。多肉植物の真骨頂を覚えました。

サンシモンの黒い葉の再生を待つ。
サンシモン(黒法師)の魅力は、何といっても、あの肉感的艶のある葉にあります。

 トップ  ページトップ  ぼんち情報  ぼんち蛙通信05−6月号