うたかたの鯉と洒落ました。
鯉が餌をめぐって、波紋を広げ、元気よく沫をあげます。
鉄屑と一緒に散って逝った人々は、どのような思いで見ているでしようか。
出店も正月への準備は、万端怠り無いようです。
本殿です。
神柱公園内にある相撲場です。以前は反対側の池の近くにありました。
本殿境内への正面階段です。正月準備はとっくに終わり、大晦日と新年参拝をむかえようとしていました。
左に大鳥居、池を渡る橋は「おかげ橋」です。
おかげばしです。いつごろ出来たのか知りませんが、町つくりに熱心な方々の肝いりかもしれません。
鴨たちが忙しげに泳ぎ回っていました。
宮に接する池に浮かぶ東屋です。
神柱宮正面の鳥居。
トップへ 神柱宮トップ オーバルパテイオ 蛙随想12月
神柱宮の鳥居です。本殿の方へ導きます。  2003年12月30日(火)。AM11:20頃。
 神柱宮の大鳥居です。参道正面入り口で、人々を本殿へ導きます。木柱ならまだいいがなとも思いました。
 神柱宮は、蛙が子供の頃は、神柱神社と呼ばれていましたが、案内によると、昭和57年に現在の社名に変更したようです。 もともと平季基によって、島津荘の総鎮守として、別の梅北町に建てられたそうです。現在の小松原町へは、明治7年に鎮座したとのことです。
 蛙には、むかしの遊び場の一つでもありました。参道の両脇には、大晦日から新年の参拝に備えて、出店がすでにその準備もだいたい終えていました。まだ出店が増えるのかもしれません。
 都城市や、近辺郡部出身の方には懐かしく映るやかもしれません。どうです、まだ間に合いますよ。たまには田舎に帰省してみては・・・
宮に接する池です。
 小さな池の中央にある東屋が見えます。
 むかしはボート漕ぎを楽しみました。
鴨が遊んでます。
おかげばし。 おかげばしを逆光のなかで見ました。
本殿境内への階段です。 神柱公園にある相撲場です。
本殿です。 屋台の準備もOKです。
 ・境内本殿の隣りの一角には、昔の護国鎮守の象徴があります。(下、画像の鉄の設置物です)
魚雷です。  魚雷と二つの砲弾です。
蛙が小さい頃は、ここで遊ぶ時など、この魚雷に跨ったりして、悪戯していました。その頃はまだこの鉄が、意味することをよく知りませんでした。 
もっぱら猿蟹合戦の格好の舞台として、役を演じていました。 おいが親父は戦車隊長だぞ! なあにおいが叔父さんは一人は特攻隊、もう一人は海の艦で戦死だ!
たわいないことを自慢しあっていました。
いまでは、ここで普段遊ぶことはできないみたいです。
侘びしく朽ちた魚雷の後ろ姿です。 鉄くずと一緒に散って逝った人と達は、どんな思い出見ていることでしよう。
 ・次の画像は、公園に隣接して流れる親子の風景です。川の名前は忘れました。近くのもう一つの川と合流し、利見川と
  して流れ行きます。 やがて大淀川に取り込まれて消えていきます。
鯉と遊ぶ親子。
川辺の憩いをかもし出す階段です。  神柱公園を流れる両岸には、子供連れの家族が晦の休みを楽しんでいました。 親子が鯉の餌を与えると、さーっと鯉が群れとなって、我先によってきました。
 のどかな日差しは、家族の幸せを温かく照らしていました。

 ひとが皆、こうしたささやかな一時を持てたらと
 泡沫にきえました



      2003年12月30日(火)AM11:20〜40頃。
さあ、鯉さん餌を食べにおいで! わあ!大勢泳いでいる!
トップへ

 オーバル  蛙随想12月
神柱宮界隈 2003年12月30日(火)
                        AM11:20頃。