トップへ   盆地蛙通信16年2月号   東西とうざい 2008年7月26日


雲とチンドン

                                2004年2月21日(土)

どんちゃか ぶーぶー さあさあ開店だーい!  お昼過ぎ、商店街をチンドン屋さんがドンチャドンチャと練り
 歩いていました。
 あいにく町の人通りは閑散とした昼さがりで、サキソホーン
 の音色も寂しげです。空は雨水を含んだ雲達が色々と変化
 ワザを見せていました。初夏を思わせる入道雲の表情も
 ありました。 
 2004年2月21日(土)
太陽を独り占めだ!

雨雲にしてはしおらしいですね。























空を切って雲はながれます。

ゆったりとした時間が現れました。広場からは鄙びたカントリー音楽がゆっくりと漂いながら流れています。あったかい日中となったものです。水気を含んだ雲たちがこの陽気に誘われて早々と初夏の装いに衣替えしました。



 どこへ行ったのあたしの愛するひとは・・・
南西の方角に浮かんでいます。

だいたい南西の方角です。                  陽が右側に隠れてしまいました。

こっちは北西方向です。

北西方向の雲は陽をまともに浴びて眩しげです。

真ん中の奥の青い中へ・・・

あの空のずーっと奥にマントの故郷がありあます。
黒雲が光を掠め取ります。

なにか始まりを予感させる光と黒雲の動きです。



孫悟空の声が聞こえませんか!
  さあ雲の上に乗りました。よーくみつめてくださいよ。
  ほら孫悟空の声が聞こえるはずです。
東北東の方角です。尖った青い屋根はもう直ぐ完成です。

雲の母さんが雨の子供を生んでます。
雲の母さんが雨雲の子供を抱いています。声を掛けてみましよう。おーい空飛ぶ絨毯はまだあるかい!
 いいえまだ編んでいないわ。このところいい糸がなくてねえ。それにアラジンとしばらく会っていないのよ。編み方忘れちまったわ。



おーい!アラジンおいでよ!おーい!
アラジン!孫悟空!飛んでこーい!あそぼうぜ!!

あの空の中へ消えてゆきたい。翼をおくれ!  

にょきにょきと触手を伸ばす雲です。
小さい頃青い空に住んでいたような気がします。あの青い色はどんな色か知っていますか?
小さい頃はあの空には可愛い女の子も確か住んでいたようでした。それはとても綺麗な姿でした。子供心に一目ぼれしたものです。


しあわせへ・・蝶はいつもひとりぽっちで風に乗っていた

さあさあいらっしゃい!よってらっしゃい! みてらしゃい! チンドン劇場の始りだーい!

チンドコチンドコ ブーブー!

さあ兄弟始りだーい!
チンチン ドンドン チンドンドン

ブーブー ブーブ〜ブー ブー
えーいくるしい 調子がでねいや
ブーブー よしや!ブーブーブ〜

さあさあ皆さん金海は
 見事かがやきさんさんと
   戻り来たりて 本日開店だ〜

 それにしても人がすくねえや
 でもおい等はやるぜ
 本日開店 !
 ほんに本どころの復活だい〜



あたしや あんたにほうれん草!
 
あたしやあんたに
  ほうれん草 
   吹いて振られて
    アコーデオン

 
あしゃ本当はクラッシックホーンでござんす!

おいらひとりで
  太鼓持ち
   何の因果か
    テンテコ舞



さあさあクジ引きだよ!ドンドンお引きな!

さあさあ引いた引いた
 くじ引き満点皆うれし
 当たりゃあんたの春が来る
 外れなしだよさあ引いた

あしゃ本当はクラッシックホーンでござんす!

ブ〜ブブブ〜
      ブブブ〜春がきた
チンチンチン
    テンテコテン


撮影隊でごじゃる。

うーんロケーションはいいようだが、
人がもう少し集まればなあ・・
でも町に張り付く人々を撮りあげるぜ。

おっさんもうちょっと叩いてよ!音が入らないや。

おいらは録音係りだい。
うんもうちょっと強く叩いてくれないかなあ。
いえあんたのことじゃないす。



 トップへ   盆地蛙通信16年2月号   東西とうざい 2008年7月26日