腕白小僧ども腕ためしをしないか!
冬の子供は歌う。
えいっと。
冬の日言葉が訪れた。白い言葉だった。
冬の夜言葉が問いかけた。まっ白い言葉だった。
へへおいらは昔からの森の中に住んでいるのさ。
おーい。おいらはサッカーだい。
蹴飛ばすぞ!
おいらは森の精。
森の精は欲が深いからな。ははは・・・
先ほど着きました。ここは暖かいですね。
まーるくまーるくみんなの心がまーるくなーれ!
丸い丸い人が好きだ。丸い世界になーれ。
人の血を流すな。
この胸の思いはいったい・・。冬がまた巡ってきたわ・・
左に映る小さな影があたしです。森の住人の仲間です。
スチールのクリスマスツリーです。
スチールのツリーです。
年明けまでパテイオを飾ります。
森 隆大君です。

よーし今度こそは入れるぞ!
森隆大(もりたかひろ)です。
中学2年生です。
うさぎの森の長男坊です。
プロバスケット選手になるぞ・・・
うさぎの森(左)とツリーです(右)。静かな夜です。
 左にぼんやりと明かりの見えるのは、うさぎの森です。

 静かな夜更けです。森の住民たちがそろそろ遊びに出て来る時間です。
この角度が一番好きさ!ないすシュート。
 
 小雪の日は寒かった。
でも夜はこうして投げ入れると、とても体が
温まるのさ。
体を鍛えてこの冬を乗り切るぞ。勉強もへへへ
。おつ森の奴等の呼び声が聞こえてきたぞ。
夜が深くなるとわたしの心が開いていく。
 なにを思い煩ろうか。
ここまで歩いてきたのだ。
これからも歩くまでだ。
あの闇の中へ一足一足
むかって歩むのだ。
さー今度こそは。力むといけないのだな・・・
ごめんなさい!失敗しちまった。もう一回。

 あすからまた学校だ。
今夜の森の住民との投げ合いを
あす、みんなに自慢するかな・・・
でもこれは秘密なのさ。そーっと、しーつ。
トップ

 オーバル  蛙随想11月  たんぽぽ 
ツリーと少年 2003年11月23日(日)夜