タックルセブン。
2003年12月7日(日)
タックルセブンのお店です。2003年12月7日(日)。
 タックルセブンという小さな店舗の集積です。店は貨物コンテナで仕上げたもので、三階立てです。一、二階がテナントのお店です。
名前の由来はオーナーが昔ラグビーをされていて、テナント同士がっちりスクラム組んで進んで行こう、との意味が込められています。画像の時間はすでに閉店でした。ぼんやりとつつましいクリスマスツリーの電飾が見えました。
PM10:20。眩しく姿を包んで冴え渡っていました。
大雪の月齢13.2の光です。
2003年12月7日(日)。PM8:20
PM8:20頃の月齢13.2の月です。2003年12月7日(日)。

  大雪の暦日に相応しい輝きです。
 命を落とした人の体が、故郷に帰ってきました。
 身内の痛みは彼の地の人々の痛みと同じです。
PM10:20の輝きです。眩しく身をつつんでいまいした。
 
 眩しい月って眺めたことがありますか。今夜の月は言葉通りの眩しい光を放っていました。 まだ満月にいたりませんが、明りは冴え渡った空に広がっていました。
 
トップへ

 オーバル  蛙随想12月
眩しい月 2003年12月7日(日)