師走の月。 (11月30日PM10:20)
 年の晦日に入りました。
これからも厭なこと、悲しいこと、苦しいことがいつものように続いて行くのでしよう。それが普通なのだと思っていけば、そう辛いこともないでしよう。
まだ、わたくし達はめぐまれた地域に住んでいます。 だからこそ傲慢な暴力と暴力の争いは避けるようにしていかなければなりません。そうした働きかけ、声がけこそが自国の努め、責任だと思います。
師走の月。 (2003年11月PM10:20)
 12月1日(月)  月齢七.二の月です。
画像は11月30日PM10:20月齢六.二のものです。月の入りはないとのことでしたので、一日の零時もほぼ同じ格好でしよう。ただ、右弦の月から深夜にかけて下弦になってきました。地球の自転のせいです。
トップへ

 オーバル  12月蛙随想 
晦の月  2003年12月1日(月)